自治体アンケート調査結果

大規模災害時お ける障害者の避難、安否確認についてのアンケート集計結果

 

1避難行動要支援者名簿について

@ 2013年の災害対策基本法の改正により、避難行動要支援者の名簿作成が義務付 けられました。

あなたの自治体での名簿作成はどのような状況ですか?

策 定済み

18

策 定中

6

未 着手

0

 

A 避難行動要 支援者名簿には次のどのような方が含まれますか?

高 齢者

24

妊 産婦

6

難 病者

8

障 害者

24

外 国人

1

そ の他

6

その他の内容

●災害時の避難 に不安のある人

●要介護認定 3〜5。75歳以上の高齢者のみの世帯

●要介護認定 者、緊急通報装置登録者

2歳未満の幼児

●支援を必要と する人で希望する人

●希望者

 

B 避難行動要 支援者名簿のうち障害者の範囲はどのようなものになっていますか?

身 体障害者

1~2

24

3~4

1

そ の他

3

療 育手帳

A

24

B1B2

1

そ の他

2

精 神障害者

1

23

2

1

3

1

 

含 めず

1

そ の他

2

 

 

その他の内容

●身体障害者は1,2級。療育手帳はA判定かつ単身者。精神障害者は1級かつ単身 者。

●災害時の避難に不安のある人

●視覚障がいおよび聴覚障がい34級、音声・言 語障がい並びに肢体不自由(下肢・体幹機能障がい)3

●免疫障害者除く

●市長が必要と認めたもの

 

C 避難行動要 支援者名簿は現在どこに保管していますか?

役 所

21

指 定避難所

2

自 主防災会会長など個人宅

4

そ の他

10

その他の内容

●各地区会館等

●町会、自治会 で保管

●自ら避難する ことが困難な状態にあると判断された者で、名簿への掲載を希望するもの。

●消防署

●自治会館や集 会所等

●各地域の拠点 となる避難所、支援団体の活動拠点(ただし民生委員は自宅)

●民生・児童委 員協議会

●消防、健康福 祉部局

●社会福祉協議 会

●平成283月末目処に作 成中

 

D 災害が起 こったとき避難行動要支援者名簿は誰に公開する予定ですか?

自 主防災組織または町内会

24

社 会福祉協議会

6

福 祉サービス提供事業者など

0

そ の他

5

その他の内容

●警察、消防、 民生委員

●民生委員児童 委員

●消防団

●一定要件を満 たす団体

●枚方警察署、 枚方寝屋川商組合

 

E名簿を公開さ れる予定の相手は、その名簿に記載されている人たちの安否確認ができると確認しましたか?

す べて確認済み

4

一 部のみ確認

3

確 認はしていない

11

そ の他

5

無回答1

その他の内容

●災害発生時において安否確認ができるものに限って提供を行う予定。

●策定中のため、まだ確認していない。

●本市では安否確認を含む避難支援の取り組みを進めるため、自主防災組 織の確立等を確認して提供しています。

●これから調査

●名簿配布時に、災害時の安否確認や避難支援などに活用していただくと ともに、平常時にはすでに各校区で実施している既存の見守り活動に活用いただき、日頃からの要支援者と支援者のお互いの関係づくりに役立てていただくよう お願いしている。

●個別避難支援計画作成を行っている支援団体について確認済み

  2福祉避難所について

F貴自治体にお ける福祉避難所指定している施設は何か所ですか?またそのうち福祉避難所協定を締結している施設は何か所ありますか?

自治体名

福祉避難所数

協定締結カ所

障害者用

 

門真市

8

8

0

 

藤井寺市

2

0

0

 

柏原市

3

0

0

 

岸和田市

0

0

0

今年度内に16カ所と協定を締結予定。障害者専用施設はそのうち、5カ 所。

富田林市

1

0

0

 

吹田市

26

26

0

 

泉大津市

11

11

4

 

豊中市

15

0

1

 

貝塚市

1

0

0

 

八尾市

5

0

1

 

交野市

23

22

1

 

寝屋川市

25

25

13

 

池田市

2

0

0

 

大阪狭山市

19

17

2

 

高槻市

33

29

17

 

大阪市

273

273

0

障がい者専用と して指定している施設はありません

阪南市

8

7

0

 

茨木市

9

0

4

 

能勢町

1

0

 

 

堺市

80

78

31

障害者専用とは 決めていない

箕面市

11

 

 

 

泉佐野

2

 

1

 

大東市

1

0

0

 

枚方市

24

22

3

 

 

 H福祉避難所での人員について、どのように考えていますか?

福 祉避難所の運営母体に任せている

7

市 役所からの応援を考えている

8

他 の施設からの応援を考えている

1

現 在取り決めはない

8

そ の他

4

その他の内容

●運営母体及び 応援

●現在取りきめ はないが、福祉避難所の運営母体に任せる方向

 

I福祉避難所へ 家族も一緒に避難することについて

す べての家族を受け入れる

1

一 人に限って受け入れる

3

特 に取り決めはない

14

そ の他

6

その他の内容

●介助者につい ては受け入れることとしているが、人数についての取り決めはない。

●家族の受入れ は可だが人数の取り決めはない。

 

J福祉避難所の 開設について

二 次避難所として開設

23

一 次避難所として開設

0

そ の他

1(未定)

 

K障害者のため の福祉避難所の開設基準について

指 定避難所の障害者数を見て開設

8

災 害規模を見て開設

7

そ の他

12

その他の内容

一次避難所の状 況に応じて開設

●必要に応じて 協定締結施設へ開設を依頼する。

●未定

●指定避難所で 障害者の心身状況により福祉避難所の開設が必要と判断した時

●福祉避難所の 被災状況、避難所の状況などを見て。

●検討中

●必要に応じて 開設

 L東日本大震災では平日の日中に災害が発生して30人未満の通 所施設が福祉避難所となった例も多くありました。貴自治体では利用者のみが避難するこのような施設に対して

あ らかじめ福祉避難所として指定している

4

災 害発生後に福祉避難所として指定する

1

福 祉避難所としては指定は考えていない

5

そ の他

13

無 回答

1

その他の内容

●障害の施設自身にその自覚あり。施設の設備や体制のこともあるので、 協定については今後検討していく。

●今後協定締結を検討中。

●未定

現在一部の施設に対し、臨時福祉避難所として協定締結を進めている。

●二次的避難所として協定している。

●現在施設と福祉避難所に指定できる調整をしています。

30人未満の通所施設についても、あらかじめ福祉避難所として指定している が、利用者以外の避難行●動要支援者の避難も想定している。

●協定締結施設へ開設を依頼した際において、通所利用者の時間外の保護 などの理由により、福祉避難所として受け入れ態勢の確保が困難な場合には、結果として、当該協定施設における福祉避難所の開設ができないものと考えていま す。

●指定している施設もある

●指定は考えてないが、必要な連携と支援を行う方向。

●検討中

●施設と協議し、将来的には指定したい

 

M東日本大震災 でもほとんどの障害者指定避難所には避難できませんでした。貴自治体で指定避難所で障害者が避難しやすい工夫をしていますか?

障 害者専用のスペースを確保している

1

指 定避難所のバリアーフリー化に努めている

9

今 後の検討課題だが今は何も取り組めていない

8

そ の他

10

その他の内容

●地域の方や避難者の方たちで構成される避難所運営委員会において、適 切なスペース等について話し合い、配慮する予定。

●福祉避難所の指定基準のひとつにバリアフリー化がされていることをあ げている。

現在、地域住民が避難所を運営する体制を整備中であり、避難所の規模等 にもよるが、障害者専用のスペースを確保するよう指導している。

●指定(福祉)避難所は、バリアフリー化されている。協定締結している 避難所も同様

本市では、地域の自主防災組織が運営することとなる、小学校などの指定 避難所の配置図の作成において、福祉避難室(障がい者、高齢者、授乳、女性専用室など)の設置を進めています。

●障害福祉サービス事業所連絡会と定期的に会議を行う、学習会を行う等 をしており、情報共有や今後の災害時の体制について検討を継続して行っている。

●平成27年度からモデル10地域において、指定避難所運営の担い手である自主防災組織等の地域の方 々と地域特性に応じた避難所運営についてワークショップ等を実施しており、障害者をはじめとするよう配慮者に配慮した避難所運営についても検討を進めてい る。

●各避難所の運営マニュアルに障害者、高齢者への配慮事項を盛り込んで いる。介護が必要な方専用の部屋や、一般の居室で生活が難しい方は別の部屋へ移ってもらう等の配慮ができる。

避難生活で配慮が必要な方に対する福祉避難スペースを設置することとし ている。